HOME

基調講演・キックオフ講演に20年を超える信頼と実績のELMコンサルティング

お問い合わせはこちら

 

HOME»  マイナンバーと医療等IDの動向

マイナンバーと医療等IDの動向

医療等IDって? 病院の窓口に変化があるの?

医療等ID構想は着実に実現に近づいています。

マイナンバー制度がスタートしました。
個人番号カードの普及は今一つの様です。

医療等ID,ご存知ですか?

年金に基礎年金番号があるように、医療保険制度にも一人に一つの番号をつけて、診療履歴や投薬実績などを一元的に管理する制度の構想です。

この構想では、マイナンバー制度で普及させようとしている「個人番号カード」のICチップ内の領域に健康保険証の情報と医療等IDを搭載し、医療機関の窓口で利用するというものです。

その先にあるものは、電子カルテ化、ビッグデータの活用による予防医学への応用など。

医療機関を取り巻く環境は大きく変化するでしょう。
 

 

医療機関の対応は一般の企業と違うのか?